園芸科学科日記

愛宕柿の脱渋

2年 総合実習「果樹専攻生」

収穫した愛宕柿脱渋作業をしました。

 収穫後、選果しサイズ別に分け、

 ドライアイスとホワイトリカーを用意しました。

 ホワイトリカーは10kgの柿に対し40~50ml、ドライアイスは100gを袋に入れます。

 袋の空気を抜気し輪ゴムできつく口を縛ります。 チンゲンサイも収穫しました。

 水洗いし、袋詰め・商品化しました。

リヤカー販売に行ってきました!

今回は野菜班の葉物野菜だけでなく、草花班のシクラメン、作物班の里芋など、園芸科学科全体の農産物を販売しました。「テレビを見たよ。」と地域の方から声をかけていただき、少し照れながらも一生懸命接客を行うことができました。

 

GAP学習会

えひめ次世代マイスター事業の一環で、GAP学習会が行われました。

園芸科学科2年生全員にGAP学習を進めるもので、東予地方局産業振興課の篠藤様を講師にお迎えし、プレゼンテーションを使って詳しく教えていただきました。当初予定では西条農業高校と今治南高校の生徒も参加予定でしたが、コロナの心配から先生のみの参加となりました。講演後は生徒から質問が出るなど積極的な参加が見られました。

日頃の感謝を込めて!(野菜)

3年生の実習にて、各専攻班ごとに栽培した葉物野菜を収穫しました。

進路も続々と決まり、実習も残り数カ月ということで

就職・進学等でこれまで支えてくださった先生方へ感謝を伝えに伺いました!

私たちを育ててくださった先生方のおかげで、農業を通して「育てる」楽しさを知ることができました。

本当にありがとうございました!(3年生一同)

 

シュンギク収穫

1年 総合実習 果樹配当生徒

シュンギクを収穫し商品化しました。