園芸科学科日記

課題研究発表会を行いました。

 3年生が、1年間の課題研究の成果発表をしました。11テーマの発表がありました。農作物の栽培と加工や生育調査、菊を使ったのモニュメント製作、食育活動、多肉植物の寄せ植えと容器開発、GAP認証取得、資格取得など日頃の授業やプロジェクト活動、将来の進路にかかわる多様なテーマがありました。

ミズナ、カブの収穫

2年総合実習 果樹班 畑の一角に栽培しているミズナとカブを収穫・商品化しました。

収穫がもうすぐです ~総合実習3年野菜班~

 県GAP認証取得をしている野菜(ダイコン・ハクサイ・ブロッコリー)の中耕・除草をしました。来週残留農薬検査をして、その後収穫をします。イチゴも赤く色づき始め、今週末から収穫を始めます。

春野菜苗の播種が始まりました ~総合実習3年野菜班~

 

 ナスの播種をしました。今回は、接ぎ木用の台木と穂木の種を播きました。接ぎ木とは連作障害の対策として病気に強い台木(根の部分)に収穫したい品種である穂木を接合させて一つの苗にする技術です。1週間ほどしたら発芽する予定です。

 

ビワの摘果とえひめAI散布

1年 総合実習 果樹班 1年生が今日の実習から専攻班別に実習することになりました。

ビワの摘果とブドウへのえひめAI散布をしました。

 充実した実を採るために摘果作業をしました。         1つの結果枝に多くの実がついています。

  傷の無い大きな実を3つ程度残しました。          えひめAI散布です。エンジンのかけ方を学びました。

 ピオーネのベッドにえひめAIを散布しました。 散布する木としない木の生育や果実の品質について調査していきます。

農業クラブ 第2回各種発表県大会出場

令和元年度愛媛県学校農業クラブ連盟主催 第2回各種発表県大会が、1月15、16日に大洲青少年交流の家で行われました。

本校からは、意見発表の部に3人、プロジェクト発表の部に3チームが参加しました。

それぞれの発表は3つの分野に分かれています。各分野にフルエントリーしました。また、1年生が意見発表に1人、プロジェクト発表に2チーム参加してくれました。

結果は、意見発表の分野Ⅲ類に出場した、園芸科学科2年 永井さんが優秀賞を受賞しました。何よりフルエントリーできたこと、1年生が参加したことが大きな収穫となりました。

温床を作りました ~総合実習野菜班2年~

 春の野菜苗の準備をしています。ポットへの土入れは約5千ポット終わりました。約2万ポット育苗するので、まだまだです。温床も作っています。今週末、接ぎ木用のナスを播種します。これから忙しくなります。

 3年生は、明日の農業クラブ県大会のプロジェクト発表の練習をしました。これまでの練習の成果を出して、いい発表をしてきてください。

インターンシップ発表会

 お世話になった農家さん、農業関連の事業所や農協、市や県の行政の方に参加していただき、インターンシップの成果発表会を実施しました。園芸科学科では2年生から3年生にかけて、地域の農家さんや農業関連産業の事業所などで職業体験学習を実施しています。日頃、学校の授業で得ることができない知識・技術や農家の方の農業に対する考え方を学ぶことができました。ありがとうございました。