校長室より

御挨拶

 こんにちは。
 私は、令和3年4月から本校の校長となりました武智誠治と申します。よろしくお願いいたします。
 さて、本校は令和2年度に創立120周年を迎えた県内屈指の伝統校であります。その前身は、明治34年に周桑郡立農業補習学校として福岡村大字丹原の遍照寺を仮校舎として開校いたしました。明治40年に現在地に移転し、大正9年には周桑郡立周桑高等女学校、大正11年に県立学校として愛媛県立周桑高等女学校となりました。その後、昭和23年には、周桑農業学校と合併し、愛媛県立周桑高等学校となり、1年後の昭和24年に高校再編成により現在の愛媛県立丹原高等学校となりました。このような変遷を経て、現在に至っていますが、常にこの周桑地域の中心的な学び舎として存在し、多くの優秀な人材を輩出してきました。
 現在、本校は普通科3クラス、園芸科学科1クラスの中規模校で、「自主・積極・明朗」という校訓のもと、今年度の重点努力目標を「生徒一人一人の豊かな学びの実現 ~よりよい進路選択と自己実現のために~」とし、マニフェストの3本柱を「学力向上と進路実現」、「感動と活力あふれる学校づくり」、「安全・安心で信頼される学校づくり」として努力を続けております。
 今後も、生徒・教職員が一丸となり、魅力ある学校を目指して、日々の教育活動に取り組んでいこうと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。