2021年11月の記事一覧

国際人との協働による学びの場①

11月29日

1年3組の生徒を対象に、セルフマーケティング・セルフブランディング講座①を実施しました。

講師には、アメリカカリフォルニア在住の 馬上 直 氏を迎え、「国際人と協働による学びの場」としました。

馬上さんは、ご自身の経験を踏まえ、生徒のセルフブランディングに対する考え方を教えてくださいました。

「自分が人生の主役であり、無限に広がる自分の色を見つける」

馬上さんの言葉に真剣に耳を傾ける生徒の姿が印象的でした。

キラキラ 実りの秋 校庭も秋 冬支度

令和3年11月29日(月)

 忙しかった2学期。「3学期はあっと言う間に終わる」とよく耳にしますが、今年は2学期がまさに「矢」のように飛んでいった感じですね。秋が深まり、校庭もすっかり紅葉、冬支度が整っています。霊峰石鎚は雪化粧。明日からは、2学期の締め括り期末考査が始まります。考査後気持ちよくグループマッチに参加できるように、今は「勉強するとき」です。英語科通信は「間接力」について紹介しています。時間があれば読んでください。

 

西条市議会の議長席に懸崖菊を飾りました

11月30日(火)に開かれる西条市議会の議長席に、本校の生徒が育てた懸崖菊が飾られました。また、市議会廊下(市庁6階)の本校作品展もリニューアルし、菊が見頃を迎えています。作品展はどなたでも見学できますので、是非御覧ください。

魅力ある学校づくり推進事業「ベルグアース株式会社」見学

11月18日(木)

職業学科の魅力を推進するために、丹原高校、小松高校、東予高校と連携で活動を行っています。

今回は、その一環として、丹原高校園芸科学科の1年生22名、小松高校と東予高校の生徒さんも一緒に

「ベルグアース株式会社」を見学させていただきました。

 

昼食は、道の駅「きさいや広場」で宇和島の特産品や文化も見学することができました。

 

「ベルグアース株式会社」の見学では、はじめに山口社長からお話をしていただきました。

「農業に革命を 夢が語れる農業へ」という熱い思いが伝わってきました。

 

日本一の接ぎ木技術を見学させていただきました。ナス科やウリ科によっても手法が違いました。

とても細い苗を素早く切る技術は、職人技としか言えません!

接ぎ木とは、おいしい実を付ける「穂木」と病気に強い「台木」を組み合わせ、両方の長所を持った植物を作る技術です。

 

★生徒の感想★

全国のキュウリやトマト苗の1/10はベルグアースで作っていると知りびっくりしました。

今日は高校生になって初めての校外学習のため、とても楽しみにしていました。私は、将来どんな仕事に就きたいか決まっていないけど、社長の「日本農業に革命を夢が語れる農業へ」という言葉を聞いて、私も将来どのような仕事に就きたいか考えるきっかけになりました。

ベルグアースが日本一の会社になるために、接ぎ木技術を行える人がたくさんいることが理由だと思いました。

日本だけでなく、中国や韓国にも進出していてすごいと思いました。

 

ベルグアース株式会社さんのHPでも紹介して頂きました。

https://bergearth.co.jp/news/contribution/2021%e5%b9%b411%e6%9c%8818%e6%97%a5%e7%9c%8c%e5%86%85%e9%ab%98%e6%a0%a1%e8%81%b7%e6%a5%ad%e5%ad%a6%e7%a7%91%e3%81%ae%e7%9a%86%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%8c%e4%bc%9a%e7%a4%be%e8%a8%aa%e5%95%8f%e3%83%bb/

 

期待・ワクワク 台湾文旦が贈られてきました!

株式会社裕源 社長 謝明達様から全校生徒に「台湾文旦」が贈られてきました。
謝明達様は、一昨年、本校生徒20名を台湾に招待してくださり、今年度も本校産ブドウ(シャインマスカット、ニューピオーネ)を台湾の高級スーパー裕毛屋で販売させていただいております。心より感謝いたします。
台湾では、「台湾文旦」は子孫を守る意味で縁起よい果物として重宝されていて、希少価値の高い品と伺いました。
感謝の気持ちを忘れずにおいしくいただきます!本当にありがとうございました。