メインメニュー

学校紹介

H29丹高日記のカテゴリー

新着ダウンロード

国際社会を考える講座 平成26年度受講生募集のお知らせ

西条市教育委員会主催の上記の講座が今年も開講されます。世界72カ国を回り、国際貢献をしてきた講師から日本や世界のことが学べます。

中学・高校生対象講座は、ただ英語を話すばかりではなく、グローバルな視野でどのように使えばいいかを学びます。

興味のある生徒は、申込用紙を 英語科 秋山 まで取りに来て、5月8日(火)までに提出して下さい

・実施予定日  第2・第4木曜日

                  6月12日 26日 7月10日 24日 8月7日 9月11日 25日 10月23日 11月13日 27日 

                  12月11日 1月8日 22日 2月5日 26日 3月12日

                  18:20〜19:10

・場所              佐伯記念館

・受講料             年額 8,000円+教材費2,000円程度

 

 

 

英語学習のアドバイス

〜「英語ができる」とはどういうことでしょう?〜

  ・「相手に伝わりやすい発音やリズム」で
  ・
「意図が正しく伝わる文構成」で
 ・「その場にふさわしい語彙や表現」を使って
  ・ 「一文単位ではなくまとまった内容」を伝えることができる、そして、相手の発言が理解できる状態を指します。

将来、英語が少しでも得意であれば、職場や学校、そして趣味の世界など様々な方面で可能性が広がります。
そのために、高校の授業を活用して
今、出来ることを紹介します。

(1)「相手に伝わりやすい発音やリズム」
    授業では色んな音読活動を行っています。ただ声を出すのではなく、少しでも上手く読もうという意識で練習しましょう。
    モデル音声を忠実に真似してみて下さい。発音だけでなく、単語のアクセント、文の中での強弱など。海外で日本人の
    英語がよく分かってもらえないとき、その原因は発音と強弱のリズムにあることも多いのです。音読は練習すればする
    ほど上達します。授業中だけでなく、家庭でも教科書の音読に取りくんでみましょう。一日20分〜30分が理想です。
    意味の「かたまり」を意識しながら読むと、発音やリズムが良くなるだけでなく、色んなところに効いてきます。

(2)「正しく伝わる文構成」
    ずばり、文法です。日本語の感覚で英語の文を組み立てても上手くいきません。まずは、「S+V」主語と動詞、誰が(何が)何をしたか、
    どうなったか、を意識しましょう。読む時にも、書く時にも、音読の時にも、「誰が」「どうした」「何を」「どこで」と突っ込みを入れながら
    読んだり書いたりするようにすれば、英語の語順が体得できます。

(3)「その場にふさわしい語彙や表現」
    単語や熟語、決まり文句の知識です。単語がなかなか覚えられないと言う人は、まずは単語テスト前の学習時間を倍にしましょう。
    範囲の単語と例文が全て再現できるくらいに。必ず口と目と手をフル活用すること。発音しながら、例文を読みながら、その意味を
  頭に思い 浮かべながら、書いて下さい。

    しかし、ここで問題が。。。使っていないと単語はすぐに忘れてしまいます。日本では日常的に英語を使う環境にないので、せっかく
  苦労して覚えた単語は、何も手を打たなければ確実に忘れてしまいます。これを防ぐために、次の単語テストの時に前回の復習を
  してみて下さい。その次の単語テストの時には前回と前々回の復習を。ほら、これだけで倍の学習時間が必要になります。単語帳
  で覚えた単語は、その後使ったり、別の場所(長文などで)出会わなければ数時間から数日で頭から出て行きます。復習することで
  再度頭に入れてやります。それを繰り返すことで単語は定着します。

  もう一点、「深い処理をすると単語の定着率は良い」と言われます。「深い処理」とは単語帳を見るだけでなく、書いてみる、読んでみる、
  その単語のイメージを絵にしてみる、例文もその光景をイメージしながら書いて読む。更に、自分で例文を作ってみる。自分の生活で
  使いそうな、身近な例文にしてみる。それを誰に言っているのか、どんな場所で言っているのか、具体的にイメージして繰り返し口に
  出して練習する。そうやって、単語が自分のもの=「使える英単語」になっていきます。

〜英語学習に使えるサイト〜

NHK語学講座サイト「ゴガクル」http://gogakuru.com/english/index.html

NHKの語学講座を毎日聴くのはちょっと無理・・という人でも、スキマ時間でこつこつ楽しく勉強できるサイトです。
特におすすめは・・・
     ☆「基礎英語1〜3」 中学1年生〜3年生で学んだ英語を使ってます。各フレーズには簡単な解説が付いているので
                   文法知識の復習や整理にかなり役立ちます。
     ☆「大人の基礎英語」“連絡を取り合おうね”“あなたに相談して良かった!”“どうしたらいいと思う?”などなど日常会話で
                   使える表現満載です。自分が今知っている単語で色んなことが言えるんだと、改めて目から鱗です。

プリンタ出力用画面


行事予定
前月2017年 6月翌月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<今日>
今日の予定
予定なし
教科担当者から
おしらせ
生徒の活動
学校からのおしらせ カテゴリ一覧
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project